嘘の戦争の脚本家は銭の戦争と同じ?あらすじ比較と結末予想も!

こんにちは、6月です。

 

昨日から始まったドラマ「嘘の戦争」、

SNSでも話題になってますね~。

草彅剛さんの主役でありながら

悪役であるという難しい役どころを

演じ切っているのが評価が高まっている

大きな要因ではないかと思います。

 

草彅さん、胡散臭い演技をさせたら

本当にお上手ですよね。(褒めてます)

普段は優しそうな方なんですが、

あののらりくらりと人を騙して

行くときの、目つきがちょっと怖い

くらいでした。

 

さて、絶好調の滑り出しを決めた

嘘の戦争なんですが、このドラマって

銭の戦争とは別物なんでしょうか?

特に続編というわけではない…?

シリーズもの…?

ちょっと気になったので、調べてみました。

スポンサードリンク

嘘の戦争の脚本家は銭の戦争と同じ?

 

まず、ドラマで大事なのはストーリー。

ストーリーと言えば脚本家。

なので脚本家について調べてみたところ、

同じ方でした。

 

後藤法子さんという脚本家さんです。

  • ブラックジャックによろしく
  • チーム・バチスタシリーズ
  • 銭の戦争

などたくさんの脚本を手掛けている、

人気の脚本家さんです。

今日、日本テレビで放送される

愛を乞う人も後藤さんの脚本です。

 

嘘の戦争と銭の戦争のあらすじ比較

 

銭の戦争のあらすじ

順風満帆な生活を送っていた主人公が、

父親の死をきっかけに借金を背負うことに。

それからはお金を手に入れるためには手段を

選ばない人間になっていきます。

ヒロインはそんな主人公に自分を見つめ

直させることで特別な関係になっていく。

というお話でした。

 

嘘の戦争のあらすじ

小学生のころ何者かに家族を

襲われ失った主人公は

詐欺師となり生きていきます。

偶然出会った家族を襲った犯人を手掛かりに

黒幕と思われる仁科一家を

絶望に追い込むために嘘を武器に

戦っていくお話しです。

 

こうやってくらべると、

  • 主人公が堅気じゃない
  • 一度どん底に落ちている
  • 家族を失う

 

こういうところは共通していますね。

ですが、ストーリー自体は

つながりもなければ、

続編でもありません。

全くの別の作品です。

 

そもそも、銭の戦争の

原作は韓国ドラマで、

嘘の戦争はオリジナル

のようです。

 

似たタイトル、同じ主演

というのは脚本家や

スタッフの遊び心ではないかな、

と思いました。

違うテレビ局でやっちゃうのは

すごいですね…。

よく許可が出たな……。

 

スポンサードリンク

嘘の戦争の結末予想

 

銭の戦争の結末は

救いがありつつも

未来に少しの不安を残した

終わり方でした。

 

嘘の戦争の結末はどうなるのかな。

……なんとなく

手放しのハッピーエンドには

ならなそう……。

 

嘘の戦争のことの起こりの

大前提として、

主人公は被害者なんです。

ですが、今は復讐として

加害者に回っているんです。

しかもずっと詐欺師として、

人を騙しているので。

 

一度加害者に回ってしまった人物を、

そう簡単にハッピーにさせるかな、

という疑問が。

後藤法子さんの脚本は、

因果応報が根底にありそうな

イメージがあります。

 

自分のしたことはいつか

自分に返ってくると。

 

だから、嘘の戦争の黒幕は

きっちり主人公に

してやられることになると思いますが、

その分主人公も

無事では終わらなそうな気がします。

 

逮捕か、

また大切な人をなくすか、

 

そんなことが起こりそう。

あくまで私の予想ですが(笑)。

 

まとめ

まだ嘘の戦争は始まったばかりですが、

これからハラハラする日々が始まるんだなあ(笑)。

でもついつい見ちゃう。

これがドラマの怖いところですよね(笑)。

嘘の戦争のネタバレ感想はこちら

嘘の戦争第一話のネタバレ感想!草彅剛の演技力は?

2017.01.10

 

来週の火曜日も楽しみにしています!!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です