スーパーサラリーマン左江内氏第2話ネタバレ感想!

こんにちは、6月です。

スーパーサラリーマン左江内氏第2話のネタバレ感想です。まだ見ていない方は気を付けてくださいね。

今回はもや夫くんの学校でのお話が中心のようですが、しかしもや夫ってすごい名前だな。いったいどんな意味でつけたんだろう富子先生…。

スポンサードリンク

 

スーパーサラリーマン左江内氏第2話ネタバレ感想!

 


オープニングのアメコミ調というか、

カラーのシンプルなのがかっこよかった。

しかし、オープニングでも

やる気のない感じが大変よろしい。

長井秀和がなつかしすぎる、

分からない世代のほうが多いだろうに。

 

店の立ち退きへのいやがらせの

理由がお年寄り想いで、

ちょっとじんと来た。

 

このドラマは油断してると、

感動するから怖い。

教室でのもや夫との土下座

のシーンで、

最初笑わせといて、

そのまま自然といい話に

持っていく堤さんの演技がすごい。

 

左江内英雄(堤真一)

おっさんが飛んどるーーー!!

って感じの、

飛び方がやる気なさ過ぎておもしろい。

着地するときの効果音がかわいい。

 

大学はピクニック同好会らしい。

もんじゃのおもしろい話が気になる。

もんじゃのダジャレのくだりが

不覚にも笑ってしまった悔しい。

 

池杉の持ってきたあんパンと牛乳の

やり取りのとき、

紙の蓋を舐めちゃうのがかわいかった。

 

スーパーマンの力を

自分が正しいと思うほうに

使えたのがよかったな。

しかし、

空飛んでるのにじいちゃんと

ばあちゃんが嫌に冷静(笑)。

別に笑うシーンじゃないのに

なんかじわじわきた。

 

スポンサードリンク

左江内円子(小泉今日子)

ほんとにひどい嫁だな。

なれそめとかちゃんとやるのかな。

想像つかない…。

一話目ではちゃんと英雄に

愛がある様子は確認できたけど。

でも、子供への愛はあって

ちょっと安心した。

 

左江内もや夫(横山歩)

音楽の練習って、男子の中には

真剣にやらない子がいるから困るよね。

なんか懐かしいな。

一話目ではお小遣いをせびる

ちゃっかりさを見せたもや夫くんですが、

クラスでいじめられるのは意外だったな。

てか、骨川小学校ってスネ夫…?

 

池杉照士(賀来賢人)

やけに振り切ってるな!

動きが面白すぎて、

画面に映るとこっちが

そわそわする(笑)。

 

下山えり(富山えり子)

なんか、好き。

真面目で正義感熱くて、

いい子だよ。

 

小池郁男(ムロツヨシ)

出オチ(笑)。

やっぱり小池さんって、

あの小池さんだよなあ。

後、ムロツヨシいいかげんにしろ(笑)。

アドリブかなあ、手錠出す動き。

 

米倉(佐藤二朗)

顔が映ってねえぞ、バカヤロー!

 

まとめ

俳優さんたちが

自由に演じてる感があって、

見ていて楽しいドラマですね。

スーパーマンに変身し放題で

自重しないのもいい。

話も後腐れがないのがいい。

 

気軽に見れて好きですこのドラマ。

それにしても、EDのダンスを

マスターした方はいるんだろうか。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です