貴族探偵こと御前の正体や本名は?原作ネタバレもあり!

こんにちは、6月です。

2017年4月からの月9は貴族探偵。ドラマも原作をそんなに大きく変えずに構成されているようですが、そうなる時になってくるのは相葉雅紀さん演じる貴族探偵こと御前の正体。公式サイトでも貴族探偵役となっていて、本名や名前などが書いていません。いったい貴族探偵こと御前の正体や本名は何なんでしょうか?

スポンサードリンク

貴族探偵こと御前の正体や本名は?原作ネタバレもあり!

というわけで原作「貴族探偵」から

御前の正体や本名がうかがえる情報を

調べてみました。

当然、原作のネタバレもありますのでご注意を。

 

まず、小説「貴族探偵」から。

  • 大企業の三塚電機の会長を呼び捨て。
  • 名前は名乗れない。
  • 執事の山本曰く「さる由緒あるお家柄の方で…」
  • 警察署の署長が「知らなくていい」と貴族探偵の正体を喋りたがらない。
  • 警察署の署長に二つ返事で捜査にかかわることを了承させてしまう。
  • イニシャルの”K”と表記されることがあった。

 

小説「貴族探偵対女探偵」

  • ”亀井”という偽名を名乗ったことがある。

 

名前は名乗らないというより、名乗れないのかな。

いわゆる「下々の者には名前を教えていけない」的なあれか。

 

  • 貴族探偵
  • K
  • 亀井

というところから、おそらく本名も

Kから始まる名前なんじゃないかなと思います。

名前が名乗れないということは、

名前がどうでもいいんじゃなくて逆に

大切だからですよね。

 

貴族探偵なりに名前に誇りがあるのか

貴族ジョークなのか、

か行の名前にこだわりがある様子。

 

正体は貴族…なのは知っているとして(笑)、

そもそも現代日本に貴族っているんでしょうか。

 

日本でいう貴族は華族にあたります。

明治から昭和初期まで華族は存在していました。

華族には男爵や公爵といった

階級があり、一番上が公爵。

 

スポンサードリンク

 

公爵は主に国に大きく貢献した家が

選ばれていました。

例えば徳川家や、

明治維新に大きくかかわった

長州や薩摩の家とか。

 

なので貴族探偵も戦前に

国に大きく貢献した華族の出身

なのではないかな、と思います。

 

あるいは財閥とか。

いわゆる富豪、金持ちですよね。

こっちのが現実味あるかな。

でも貴族かといわれるとちょっと違うような。

 

ちなみに、普段は推理なんて使用人に

やらせるもの、と言っている貴族探偵ですが

使用人のことは信用しているそうです。

 

メイドの田中さん曰く、

  • 優しくて素晴らしい方
  • 平均すれば週に二度休み、それとは別に有給休暇もある。

とのこと。

めっちゃ理想の職場じゃないか。

たぶん給料も高そうだし。

 

まとめ

というわけで貴族探偵の本名は

か行(K)から始まり、

正体は代々続く華族の出身、

ではないかと予想します。

 

それかお金だけは莫大に持つ一般人が

貴族と嘯いているというピエロみたいな

背景であっても楽しいですね。

それはないかw

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です