平成維新軍が黒幕?CRISISでの文章全文を書き出してみた!

こんにちは、6月です。

ドラマCRISIS(クライシス)第一話、ジェットコースターみたいにアクション目白押しでしたね!そして第一話に名前だけ出てきた「平成維新軍」。おそらくこの平成維新軍がCRISISでの犯人というか黒幕と思われるのですが…。いったいどんな集まりなんでしょうか。あの文章を全文書き出してみました。

スポンサードリンク

平成維新軍が黒幕?CRISISでの文章全文を書き出してみた!

CRISIS、第一話から

重要キーワードが出てきました。

平成維新軍。

 

ドラマのクライマックスで

警視庁のホームページをハッキング

されて乗せられた文章。

ニーチェの一節とのことですが、

その全文を抜き出してみました。

 

国家は、善と悪について

あらゆる言葉を使い、

ウソをつく。

国家が何を語っても、

それはウソだ。

国家が何を持っていようと、

それは盗んだものだ。

もうウソにはうんざりだ。

我々はウソをつかない国家を作る。

それはつまり、

人民から何も盗まない国家でもある。

そのために我々は直接行動に出る。

ウソをつき、私腹を肥やす

政治家や官僚に、

我々は戦いを挑む。

そして、この戦いは我々が

根絶やしにされるまで、

終わることはないだろう。

平成維新軍

 

この平成維新軍が

ドラマの黒幕に当たる人物?団体?

のようです。

 

第一話で外務省の息子を誘拐して

爆弾を付けたのも平成維新軍。

 

第一話で起こした事件は

警察組織や政治家への

宣戦布告なのかな。

 

気になったのは平成維新軍と

名前が出るたびに

小栗旬さん演じる稲見朗の

何か考え込むような表情が

映されることです。

 

スポンサードリンク

 

稲見朗にはドラマ中のセリフから

何か大切な人との別れがあったっぽい?

唯一、過去の情報は二年前に

迷彩服を着て男を追いかけていた

シーンですが…

 

なにか怖がっているというか

後悔している?

 

それと爆弾を処理して広場から

離れるときに黒い服を着た少年と

稲見の視線が合っているシーンが

ありましたね。

 

あの子が平成維新軍なのかな。

それとも他に怪しい人がいたかな。

 

平成維新軍は今の世に不満を持ち、

強くこれを変えたいと

願っている人たちと思われます。

 

ということは相手は政府によって

何かもみ消された人かもしれない。

そうなると味方によっては

むしろ主人公の公安機動捜査隊側が

悪者のように見えてしまうシーンがあるかもしれません。

 

これは一筋縄ではいかなそう。

ちゃんとハッピーエンドを迎えるんだろうか…

 

まとめ

まだ第一話ですが、

妄想が広がる広がるw

平成維新…維新と言えば

明治維新ですね。

 

日本の未来を憂いて

命がけで日本を変えようとした

幕末の志士たちのような

集団なのか。

意外と愉快犯なのか。

 

第二話も目が離せないですね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です