CRISIS第2話ネタバレ感想!

こんにちは、6月です。

小栗旬さんと西島秀俊さんのアクションが光るCRISIS(クライシス)!個人的に今期で一番楽しみにしているドラマです。小栗さん曰く第2話は第1話の100倍面白いとのことなので、めっちゃ楽しみ。というわけでCRISIS第2話のネタバレ感想行きます~。

スポンサードリンク

CRISIS第2話ネタバレ感想!

最初っからアクションシーン満載で

大満足です。

特捜班のトレーニングの様子を

見せてくれたのは嬉しい。

 

荒事担当ではない樫井と大山も

練習をしているんですね。

小説版での強さも納得。

 

稲見と田丸の体術の実力は

拮抗している感じかな。

この二人が特捜班の中でツートップ。

 

その田丸が不意打ちとはいえ

一撃で失神させられるとは、

あのパソコンを盗んでいった男は

相当すごい実力者ですね。

 

病院でのアリスと女の子の

やり取りを見ていると、

稲見と田丸の両方ともに

女性に関して過去になにか

あったのでしょうか。

女性への接し方がおそろしく

真剣だったので…。

 

今回は田丸の警察官としての

信念の一部が垣間見られました。

確かに、西島秀俊さんが田丸三郎という

人物について語った通り、

信念と組織としての在り方が

いつか食い違ってしまいそうです。

 

「いつかこの腐ったシステムを変えてみせます」

という言葉から感じられるように、

ドラマ終盤あたりで田丸は捜査班から

外れて対立しそうな気がする…。

 

スポンサードリンク

 

稲見の闇も少し見えました。

過去には人に言えないことをしていたと。

「俺はこっち側にいたい」

これは光の当たる側にいたい、

社会的に正しいと言われる側にいたい

ということだと思います。

 

稲見も田丸も正しいと思うものは

同じなんですが、

アプローチ方法が違いそう。

病院の受付のやりとりにしても。

 

それがこのまま好対照的なコンビで

済めばいいんだけど…。

 

まとめ

田丸は林千種(石田ゆり子)のことを

思っているようですね。

第1話で稲見の情熱的な恋の話を

聞かずに部屋を出ていきましたが、

あれは後ろめたかったからかな。

他人の妻を想っている自分が。

 

稲見と田丸の背景が少しずつ

出てきました。予想以上の

稲見の闇の深さにビビる…。

 

来週は平成維新軍との攻防ぽい?

特捜班の運が試されるのは

ここからとのことなので

来週も楽しみにしています。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です