ALIFE(アライフ)第2話のネタバレ感想!

こんにちは、6月です。

ALIFEの昼ドラ的要素にドキドキした先週。いよいよ第2話です。なんか浅野忠信さんがすごい色々裏で画策してそうで出だしからドキドキする…。では第2話のネタバレ感想を始めます。まだ見ていない方は気を付けてくださいね~!

スポンサードリンク

ALIFE(アライフ)第2話のネタバレ感想!

 

大丈夫と言ってはいけない、

先生が大丈夫と言ってくれない

病院って不安になるよ…。

病院の隠蔽ってこうやって

できてしまうんだと

怖かった第2話。

 

第一話では沖田の手術の腕を

際立たせるためか、オペシーン

が沖田しかほとんどなかったけど、

第2話に入ってどどっと

色んな人のオペが見られました。

 

今回は井川(松山ケンイチ)の

お話でした。

しかし、下町の和菓子屋ときいて

がっかりするとか嫌だなあ。

病院の内側ではお客さんにグレード

付けちゃうもんなのかしら。

 

でもとにかく柄本明さんの

「院長かあ~」に持ってかれた。

怖い…このドラマけっこう怖いな。

 

沖田一光(木村拓哉)

「寿司屋のせがれが

何で医者なんてやってんだよ」

と平泉成さんに言われたときに、

カーテンにスッと隠れるところが

なんかかわいい。

 

もしかしてお父さんの

オペとかもやることになるのかな。

ぶっきらぼうながらお互いを

思いやっている家族なのが

見ていてホッとする。

 

やっぱり深冬さんのことは

いまでも好きみたいです。

 

壇上壮大(浅野忠信)

「誰も分からない、俺のことなんか」

と言っていましたね。

予想以上に闇は深そう。

 

深冬さんが沖田の部屋にお礼を

言いに行くシーンを見ちゃうのが

またね…タイミングが悪いわ。

 

男の嫉妬は怖いらしい。

 

そこで院長の責任にするんかい…

でも院長を追い出せると菜々緒さんに

言われた時には否定するし。

人間的な甘さもあって、

不思議と憎めない。

 

深冬さんが好きで結婚したのか、

院長になりたくて結婚したのか。

はたまた、沖田への対抗心で

結婚したのか。

まさか全部当てはまってて、

ぐつぐつ煮詰まっちゃったのか。

菜々緒と不倫しだしたのは

沖田が病院に来る前だから

沖田がいなくても心配ごとというか

嫉妬の対象は別にいるのか。

 

スポンサードリンク

 

院長へのしゃべり方が挑発的で

怖い…。浅野忠信さんも

演技がお上手だわ…。

 

壇上深冬(竹内結子)

オペは最終回間近になるのかな。

家族の幸せそうなシーンを見ていると、

不安に襲われまくる。

 

沖田のアドバイスをすぐに察して

実行できることから相当

腕はいい様子。

料理もおいしそう。

 

「いつまでも生きてるわけじゃない」

見ているこっちにもずしっとくる

言葉だなあ…。深冬さんの病状も

あいまって沖田にも苦しい言葉です。

 

深冬さんも沖田には何か

気持ちがある様子。

 

井川颯太(松山ケンイチ)

「大丈夫です」言っちゃったー!

これ絶対後で大変なことになるわ…。

 

やる気や野心が高いのは

本当にいいことなんだけど、

プライドが高い?若さかしら。

プライドが高いのは

親が医者で二世ということに

あるらしい。

コネじゃなくてもできる!と

証明したくて必死みたい。

 

応対の仕方も経験の足らない

感じが出てて、松山ケンイチさんは

演技がお上手ですよね。

 

まとめ

あのいつも小言を言う

三人組はずっとあのままなんだろうか。

ぶつぶつ言ってばかりだから気になる。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です