工藤有生(駒沢大学)の経歴や身長は?中学高校はどこ?

こんにちは、6月です。

このブログを書いている時、なんだか暖かいです。

でも夜は寒い…。

新潟では乾燥が原因で大変な火事が起きましたね。

体調管理と、火の管理もお気をつけて…!!

 

さてさて、今から気になるお正月の箱根駅伝!!

今回は駒澤大学の次期エース!?工藤有生選手を紹介します!!

スポンサードリンク

工藤有生選手のプロフィール

出身校:高野中→世羅高・広島

身長・体重、血液型:176㎝・54㎏、O型

生年月日・出生地:95年9月5日・広島

好きな場所:自分の部屋

好きな女性有名人:武田玲奈

仲のいい選手:駒大生

気になる選手:いない

一番力を出せる区間:2区

ココを見て!:見てほしくない

引用:箱根駅伝 2017完全ガイド 

 

見てほしくないの!?

目立ちたくないタイプなのかな?こんなふうに書いてる選手そういないぞ…!!

これだけですごく気になっていしまいました。

 

それに、箱根駅伝ガイドでは

「安定感」「スピード」「スタミナ」

全てにおいて満点評価!!

気にならない方が無理ってもんですよ!!

経歴

工藤有生選手の経歴で注目すべきところ。

それは、中学から高校まで無名だったこと。

 

出身高校である広島県立世羅高等学校は陸上の強豪校。

世羅高の公式サイトへ行くと、

部活の中で陸上部だけトップに

リンクが作られていました。見るからに力入ってる…!

紹介動画まで作ってある!30分近くある!!

 

駅伝成績を覗いてみると、

駅伝の全国大会の成績が第一回からびっしりと!

全国大会優勝が全部で9回!

この回数は全国の高校で最多!!

区間賞は本当にたくさん受賞されています。

受賞者の名前も書いてあったのですが、

外国人っぽい名前がちらほら。カタカナで書いてある…。

もしかして海外からの選手も来ているんでしょうか。

海外留学!?

陸上部の力の入れようがよくわかります…!!

 

工藤選手はここに入学したものの、

3年間で一度もレギュラーとして駅伝を

走ることはありませんでした。

その間もチームは活躍していたので悔しかったでしょうね…。

もちろんこれだけの強豪校ですから、

自分と同じ補欠選手はたくさんいるはず。

でも、年下の選手は試合に出ているのに

自分は出られない……。

歯がゆかったことと思います。

また、そうやって3年間過ごすと、

負け癖がついていたのも事実だと思います。

部活動も強い選手はどんどん注目されて引き上げられますが、そうでない選手は放任されてしまうことも少なくない。

学生時代の挫折って大きいですよね。

「苦労は買ってでもしろ」

という言葉はありますが、これってあまり好きじゃありません。

苦労をしても報われなければ、

せっかくの力を持っていても挫折して絶望してしまうことってあると思います。苦労をしろというのなら、それを手助けする存在も欲しいところ。

無責任に「苦労しろ」と言う人はちょっと苦手ですね。

苦労すれば偉い、みたいな風潮も。

 

さて、話がだいぶそれました。

工藤有生選手はそれでも駅伝を走りたかったんでしょう。

駒澤大学に入学し、陸上を続けます。

監督からの印象は、

最悪」「もやしっ子」だったという。

まさに最悪の印象……。

 

というか、最悪と思われるって

よっぽどですよね…態度が悪かったのかな…。

上で書いた「負け癖」が本当についていたんでしょうか。

練習態度がどこか投げやりだったのかも。

 

そんな工藤有生選手に転機が。

きっかけは大八木弘明監督。

「高校時代に負けてきた同級生たちに、大学で見返してみろ」

引用:箱根7年ぶりVへ駒大に雑草新人・工藤

 

これ。

この後押し。

こういう言葉を言ってくれる人がありがたい…!

工藤選手、コンプレックスもあったのかなあ。

周りは高校でも実績を残して鳴り物入りで

入学してくる人ばかり。

駅伝の強豪、駒澤大学ならなおさら。

気後れなさっていたのかもしれません。

そこで監督が

「一生懸命やっていいんだよ」と

背中を押してくださったのは

とても大きいと思います。

 

監督の一言で火が付いた工藤選手は、

夏の合宿を経て、実力をめきめきと伸ばしていきます。

2014年の全日本大学駅伝では5区を走って区間2位!

大八木監督からは「入学当初は、ひょろひょろのもやしっ子。夏をすぎて彗星(すいせい)のごとく、一気に来た。面白い存在」と期待された

引用:箱根7年ぶりVへ駒大に雑草新人・工藤

実力で認めてもらったんですね。

かっこいいぞ、工藤選手!!

 

そんな工藤選手も、もう3年生。

2017年1月の箱根駅伝での走りっぷりが楽しみです!

スポンサードリンク

まとめ

有名な選手のほとんどが幼少から輝かしい成績を残しています。

ですが、工藤選手のように努力で開花する力も確かにあるんだな、と勇気づけられました。

工藤選手は自分の走りを見てほしくないみたいですが、

ばっちり注目したいと思います(笑)。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

駒澤大学の選手についてはこちら

箱根駅伝2017の山の神は誰?駒澤の大塚祥平のプロフィールや進路も

2016.12.08
スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です