箱根駅伝2017の山の神は誰?駒澤の大塚祥平のプロフィールや進路も

お正月のテレビといえば何を思い浮かべますか?

バラエティ番組、お笑いの特番、歌番組……いろいろありますが、

箱根駅伝を見るという方、多いのではないでしょうか。

近年では5区を走る選手を山の神と呼んで話題になりましたね。

その山の神、今年の箱根駅伝から存在しなくなるかもしれないんです。

なぜそんな寂しい噂があるのか?
でも、歴代山の神に匹敵する選手はいるでしょう!!ということで、調べてみました。

スポンサードリンク

箱根駅伝2017の山の神は誰?

箱根駅伝の5区は長い山を「登って走る」コースです。

2016年までは距離も23.2㎞と長く、「登る力」「走力」の両方が必要とされました。自然と両方の力を備えた力のある選手が走ることになります。

5区が23.2㎞だったのは11年間。
この区間で区間賞を取ったチームの多くが優勝しているのです。
5区を獲るチームが箱根駅伝を制する、は言い過ぎかもしれませんがそれだけ重要な区間だったのですね。

5区を走る優れた選手を「山の神」と呼ぶのも、大げさなことではなかったのです。

ですが!

2017年から、4、5区の距離が変更されました。

  • 4区は20.9㎞に延長
  • 5区は20.8㎞に短縮

 

4区の元の距離は18.5㎞で一番短い区間でした。
ですが距離が伸びたことで、コースのラスト3㎞を登ることになります。
長い距離を走り、ラストの坂を登り切れるタフさ……。

長距離が嫌いな私には想像するだけで辛くなります……
昨年まで4区は最短区だったので、学年が下の選手に経験を積ませるためや力のあるルーキーに走ってもらうチームもいたのですが、今年からはそれが難しくなりますね…!

逆に距離が少し短くなった5区。
今までほど「5区で勝敗が決まる!」という影響力がなくなり、注目が少し落ちるかもしれません。そうなると、「山の神」と呼ばれる選手もいなくなってしまうのかなあ…。少し寂しいですね。

 

……と寂しく終わるのは嫌なので(笑)。

2017年の5区を走りそうな選手で、「山登り」のスペシャリストを探してきました!

勝手にこのブログにおける、2017年の山の神予想を発表します(笑)。

 

スポンサードリンク

駒澤の大塚祥平のプロフィールや進路も

紹介するのは駒澤大学の大塚祥平選手です。

箱根駅伝には3年連続で出場されている4年生。

プロフィール

出身校:大分城南中→大分東明高・大分

身長・体重・血液型:170㎝・53㎏、A型

生年月日・出生地:94年8月13日・大分

好きな場所:地元

自慢(陸上以外):トリニータ愛

好きな女性有名人:西野七瀬

仲のいい選手:同期

気になる選手:廣瀬岳

一番力を出せる区間:5区

ココを見て!:粘り

引用:箱根駅伝 2017 完全ガイド

気になる選手にあげている廣瀬岳選手は、関東学生連合で出場される関東学院大学の選手です。

廣瀬選手も気になる選手として大塚選手の名前を挙げているので、お互いを刺激し合うライバル関係なんですね。

プロフィールから感じる人柄としては、地元愛の強い、負けん気の強い人物でしょうか。

トリニータ愛。愛と書くところから本気度が伝わってきます(笑)。サッカーもお好きなのかも。また、お互い認め合うライバルがいるところ、粘りを見てほしい!といえるところから、「負けたくない!あきらめたくない!」という気持ちの強さが伝わってきます。

箱根駅伝の経験も豊富なため、5区の区間賞候補として期待しています!!

卒業後の進路は?

九州電力のようです。

地元の大分の近く。こんなところにも地元愛が……!?

青山学院、東海、順天堂など箱根駅伝での強者たちの進路先です。

大塚選手はここではマラソンをするのかな?将来オリンピックなどでお姿が拝見できればうれしいですね!!

まとめ

コースの距離変更で5区の影響力は変わりますが、それが全体へどんな変化をもたらすのか。

また、大塚選手は歴代山の神のように素晴らしい山登りを見せてくれるのか。

お正月は、ドキドキしながら応援したいと思います……!!

駒澤大学の選手についてはこちらもどうぞ

工藤有生(駒沢大学)の経歴や身長は?中学高校はどこ?

2016.12.24
スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です