ドミニク・ニャイロ(山梨学院)の経歴は?中学高校や身長も!

こんにちは、6月です。

もうすぐ仕事納めですね。仕事納めなのに残業ギリギリになったいつかの日がトラウマですとも……。仕事納めって言ったやん。なんで注文が来るんや……。

お正月の箱根駅伝、もうすぐですね。青山学院大学の一色選手が注目されていますが、その一色選手を昨年の箱根駅伝で抑え込んだ選手がいるんです。

一色選手についてはこちら

一色恭志(青学)のプロフィールや進路は?中学高校もチェック

2016.12.08

 

それが山梨学院大学ドミニク・ニャイロ選手!!

ニャイロ選手についてちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

ドミニク・ニャイロの経歴は?

 

プロフィール

身長・体重、血液型:167㎝・49㎏、A型

生年月日・出生地:97年3月11日、ケニア

好きな場所:東京ディズニーランド

自慢(陸上以外):歌を歌うこと

引用:箱根駅伝 2017完全ガイド

 

身長は167㎝。

もっと高く見えますよね。

手足が長くてすらっとしてて。

本当にスタイルがいい!

種目が違いますが、ボルトもスタイルがいいですよね。

黒人さんは足が長くて羨ましい…。

まさに動くことに適した体型ですよね。

 

親元を離れて、海を渡って。

辛いことも多いだろうに、すごいなあ。

東京ディズニーランドを上げているように、

日本を楽しんでくれているようで嬉しいです。

陸上をしに来ているので難しいけど、

日本を好きになるくらい堪能してくれたらいいな。

 

アフリカの方々のイメージとして、

音楽が好きでリズム感よさそう!

というのがあるんですが、

どうやらニャイロ選手も歌が上手そう。

自慢にあげるぐらいですからね。

カラオケとかも楽しんでるかな。楽しんでるといいな。

 

中学と高校はどこ?

  • 中学校はゲタジョ中学校
  • 高校はメサビサビ高校。

どちらもケニアの学校です。

 

高校については「Mesabisabi Secondary School」

という学校がそうではないかと言われていますが。

Secondary Schoolって中学校という意味ですよね。

 

「Mesabisabi Secondary School」で

メサビサビ中学校になってしまいます。

元の発信はツイッターの投稿のようですが…。

 

もしかしたら中学、高校が一緒になっているのかな?

「Mesabisabi High School」で、

何も更新されていないFacebookがヒットするので、

高校は別にあるんじゃないかなあと思いました。

 

まだ中学、高校ともに情報はつかめませんが、

ニャイロ選手が日本で成功すれば、

後輩たちの海外留学が盛んになるかもしれませんね。

外国ではスポーツで成功することは、

家族への大きな貢献になるので

ハングリー精神が高そうです。

 

優秀な選手が来てくれると陸上界は盛り上がるけど、

日本も負けないで!!

と、心配してみたり(笑)。

 

スポンサードリンク

ニャイロ選手とオムワンバ選手

山梨学院大学にはニャイロ選手のほかにも

ケニア出身の留学生がいらっしゃいました。

エノック・オムワンバ選手。

2013年の第89回箱根駅伝で花の2区を任され、

12人をごぼう抜き!した素晴らしい足を持つ選手です。

でも、89回以来名前を聞きませんでしたよね。

体調や怪我に悩まされたそうです。

 

オムワンバ選手が4年生の時、

ニャイロ選手が1年生で入学。

 

監督は箱根駅伝にどちらを出すか悩み、

状態のいいニャイロ選手を選択。

 

自分の体調が原因とはいえ、

簡単には割り切れなかったでしょう。

正直、お前が来なければ、とも思ったのではないでしょうか。

 

ですが、オムワンバ選手はとても懐の広い方でした。

オムワンバは前日夜からニャイロと同じ部屋に泊まり、中継所にも同行。準備を手伝い、本来、自分が走ることになったかもしれない2区へ後輩を送り出した。

引用:スポーツ報知

 

まだ来たばかりで不慣れな後輩を

導いてくれたんですね。

 

オムワンバ選手の献身のおかげか、

ニャイロ選手は実力を存分に発揮。

青山学院大学の一色選手を押さえ、

2区を2位で走り切りました。

 

こういう縁があり、

ニャイロ選手は仲のいい選手に

オムワンバ選手の名前を挙げています。

 

外国でライバルになろうと、

同郷を気遣う思いやり。

私も忘れないようにしたい、と教えられました。

 

まとめ

本命ばかり注目されますが、

その地位を脅かさんとするニャイロ選手の走りも注目したいところです。

素晴らしい走りを期待しています!!

 

ここまでよんでいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です