アレフ関連施設の火事の原因は?滋賀県湖南市平松で出火

こんにちは、6月です。

気候のせいなのか、火事が続きますね。オウム真理教主流派関連「アレフ」関連施設から出火する事件がありました。出火の原因はなんだったんでしょうか…?気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

アレフ関連施設の火事の原因は?滋賀県湖南市平松で出火

15日午前5時40分ごろ、滋賀県湖南市平松のオウム真理教主流派「アレフ」関連施設から出火したと近隣住民から119番があった。

木造平屋建て住宅とプレハブ平屋の小屋を全焼したが、けが人はいなかった。同署が出火原因を調べている。

引用:yahooニュース

何はともあれ、

けが人がいなくてよかったです。

記事の様子から近隣住民にも

けが人や被害はなかったのかな?

 

どうやらこのアレフの施設では

「VBシステム」というソフトの

開発会社を経営していた様子。

 

VBシステム…機械関連にとことん

疎い筆者はアレフの人たちが独自に

作っているシステムなのかと思ったんですが、

そういうシステム開発に関する言語

があるんですね…。

 

ビジュアルベーシックというらしいです。

Microsoft社によって開発されたプログラミング言語。
アプリケーションソフトが容易に開発できるよう工夫された独特の開発環境と共に提供されたため、これも含めた呼称として用いる場合が多い。
「フォーム」と呼ばれるウィンドウにアプリケーションソフトの構成要素となる部品(ActiveXコントロール)を張り付け、部品の設定や部品間の関係を指定することでアプリケーションソフトを開発することができる。
現在でいうRADツールの先駈けとなった商品。
その簡易版には、同社のOfficeアプリケーションソフト内でマクロ言語として用いられるVBAや、WWWブラウザInternet Explorer上でスクリプト言語として用いられるVBScriptなどがある。

引用:システム開発ソリューション

(やばいまったく分からん)

 

…さて、アレフの関連施設で火事が

あったわけですが原因はなんだったんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

火事の原因は?

県警甲賀署によると、住宅は信者の居住施設で男性信者2人が住んでいたが、出火当時は不在だった。施設では信者らが「VBシステム」というソフト開発会社を経営していた。

出火した施設については、近隣住民が反対運動をしているが、信者との間でトラブルはなかったという。現場はJR草津線甲西駅から南西約3キロの住宅街。

引用:yahooニュース

出火当時が不在。

容易に思いつくものは

  • 火の不始末
  • 外部からの火

ですよね。

しかも季節的に

空気が乾燥しているので

火が燃えやすい。

 

近隣住民とのトラブルがなかったので

放火の線は薄いとして、

おそらく思いもよらないところからの

出火と思われます。

 

先日、岐阜県の工場でも

機械類がある場所から火事が起きました。

それと同じく、火元は機械に

あるんではないかと個人的には思います。

 

まとめ

火事、本当に怖いですね。

火の始末は徹底しよう…。

燃えるの本当に早いもんなあ…。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です