ボタニカルコーデまとめ!2017春夏のトレンドはおしゃれな植物!

こんにちは、6月です。

2017年の春夏のトレンドについて、すでに情報が出ておりますね~。今年はボタニカル柄がトレンドだとか!

でも、ボタニカル柄ってどんな柄なんでしょうか…。聞きなれない言葉なのでピンとこない筆者(笑)。

今回は、2017年の春夏のトレンド、ボタニカル柄について調べてみました!!ボタニカル柄の意味だけでなく、おしゃれなボタニカルコーデもまとめてみたので、参考になれば幸いです♪

スポンサードリンク

2017年の春夏のトレンドはボタニカル

ボタニカルとは「植物の」という

意味を持っています。

ということは、

ファッションにおいてのボタニカルとは、

植物の柄の服をさしているんですね。

 

なんとなく、

ボタニカル=花柄

というイメージがありましたが、

良かった!

間違いじゃなかった!(笑)

 

ボタニカルか~

なかなか大きな花柄の服って

敬遠してしまうんですよね。

すごく派手に見えてしまう

気がして……。

 

そんなちょっとマイナスな

印象を持ちながら

ボタニカルコーデを検索してみると、

決して大きな花柄=ボタニカル

というわけでは

ないことがわかりました!

 

ボタニカルと一口に言っても、

トップスかボトムスかで

全然違うし、

同じトップスでも

華やかか、シックかで

「これなら着られそう!」

と思える服がいくつもありました。

 

もしも、

筆者と同じようにボタニカルに

苦手意識を持っていても、

たくさんのボタニカルコーデを

見ていると、いつのまにか

マイナスイメージも払拭できるかも!?

 

というわけで、

次からボタニカルコーデをまとめてみました。

 

ボタニカルコーデまとめ

 

ボタニカル柄のトップス

 

引用:WEAR

ネイビーにベージュを

合わせれば

春だけでなく、

秋にも着られそう♫

紺色のボタニカル柄のシャツを着た女性の写真引用:WEAR

ネイビー系のシャツは

ボタニカルが初めての

方にも取り入れやすい

タイプが多いですね。

シャツの裾のこなれ感

がかわいい!

白いボタニカル柄のトップスにガウチョパンツをはいた女性の写真引用:WEAR

2017年のトレンドカラー

であるアビス色のガウチョ

パンツを取り入れて♡

水色のボタニカル柄のトップスを着た女性の写真引用:WEAR

夏は爽やかに。

一枚で華やかになれるのが

ボタニカルの強み。

 

スポンサードリンク

ボタニカル柄のスカート

黄色のボタニカル柄のロングスカートをはいた女性の写真引用:WEAR

黄色で存在感がぐっと増します。

スカート以外は花柄に合わせて

黒でシックに。

黄色のボタニカル柄のロングスカートをはいた女性の写真引用:WEAR

同じ黄色のスカートでも

花の色が変わると印象もガラリと

変わります。

白いボタニカル柄のロングスカートをはいた女性の写真引用:WEAR

細かい花柄は主張しすぎず、

おとなしい印象に仕上がります♪

 

白いボタニカル柄のスカートに黒いジャケットを着た女性の写真引用:WEAR

黒いジャケットでカチリと引き締め。

急なお呼ばれにも上品に対応。

引用:WEAR

こちらはベージュのジャケット。

より大人っぽく。

ボタニカル柄のパンツ

 

引用:WEAR

 

グリーンのボタニカル柄のパンツをはいた女性の写真引用:WEAR

同じグリーン系でも印象が違いますね。

1枚目は元気な華やかさ!

2枚目は落ち着いた華やかさ。

どちらも海に来て行きたくなる爽やかさ♫

ネイビーのボタニカル柄のワイドパンツをはいた女性の写真引用:WEAR

落ち着いたネイビーのワイドパンツ。

一枚でぐっと大人っぽく。

引用:WEAR

デニムのボタニカルを発見!

これはクールな一着。

ボタニカル柄のアイテム

 

ボタニカル柄のスニーカーをはいた女性の写真引用:WEAR

トップスとボトムスのシンプルさが、

足元の華やかさを引き立たせる。

ボタニカル柄のポーチを持った女性の写真引用:WEAR

ポーチにボタニカルを加えて、

カジュアルにエレガントをプラス♡

まとめ

柄物というと、

派手になっちゃうんじゃないかな…

という心配がありました。

 

ですが、杞憂でしたね。

 

むしろ、

たくさん着るのが辛くなる夏には、

一枚で華やかさを演出できる

ボタニカルは強い味方!!

 

ぜひこの春夏に取り入れたいですね♫

 

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました!!

 

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です