シェイリーンボーンの経歴や振り付けは?夫や子供についても!

こんにちは、6月です。

明日から一気に寒くなると聞いて、今からガクブル。こたつからますます出られませんな……。だが、こたつにアイスは最高じゃ。やめられませんな。

 

さて、番組表を見ていたら気になる方を発見。

ここ近年、フィギュアスケートが盛り上がっていますが、選手たちを支え導くのはコーチや家族だけではありません。

振付師、という方もいるんです。

 

今回は、カリスマ振付師、シェイリーン・ボーンさんについて、調べてみました!!

スポンサードリンク

シェイリーン・ボーンの経歴は?

カナダ出身の振付師さん、女性です。

日本の選手では、

羽生結弦選手や高橋大輔選手の振付をしました。

フィギュアスケートファンの間では有名な振付師さんですね。

 

シェイリーン・ボーンさんは元フィギュアスケート選手です。

種目はペア。

主なパートナーはヴィクター・クラーツさん。

 

戦績ですが、メダルだらけ!じゃらじゃら!

カナダ選手権では敵なし。ほぼ金メダル。

四大陸選手権やGPファイナルでも

金メダルを複数、獲得されています。

 

オリンピックでは一度もメダル獲得がないのが、

逆に不思議ですね。

特別なプレッシャーがあるのでしょうか……。

参加する国も多いし、オリンピックって

強豪国がこぞって本気を出すイメージがあります。

 

同じ金メダルでも世界選手権とオリンピックでは、

日本でも扱いが全然違いますよね。

オリンピックのメダリスト!という肩書があると、

選手を引退した後でもテレビでの仕事が多い気がします。

どちらもすごい結果なのになあ。

 

さて、私の愚痴は置いといて(笑)。

シェイリーン・ボーンさんは

プロに転向したかったそうですが、

パートナーとひと悶着合ったみたいで…。

プロにはいかず。

現在のように振付師として活動し始めました。

2003年で引退されているので、

それから13年でカリスマ振付師と呼ばれるように

までなっているので、

振付師としての努力をたくさんなさったのですね。

 

羽生結弦選手の振付を担当した演技

担当されたのは2014-2015のシーズンから。

オペラ座の怪人、SEIMEI、Let’s Go Crazy、Hope & Legacyなど。

 

なんと、映画「陰陽師」の曲を使った

SEIMEIもシェイリーン・ボーンさんの振付だったんですね。

というか、外国の方が振付していたのにびっくりしました。

外国人に和がわかるのかな…とおもいましたが、

そんな心配は過去の話。

というか、当時の羽生選手の滑りも

素晴らしかったですわ。

振付も素晴らしかったですわ。

狩衣風の衣装と、ひらっとした

袖がきれいに舞っていましたね。

……大変、失礼いたしました(o_ _)o))

 

スポンサードリンク

シェイリーン・ボーンの夫は?

2005年にニコライ・モロゾフさんと結婚されています。

安藤美姫さんのコーチだった方ですね。

ですが、2年後の2007年に離婚。

 

……これも外から見た印象ですが、

モロゾフさん、ちょっと女性関係派手なような。

スケートのコーチとしては立派な方だと思いますが。

はい。

 

2011年に今の夫、Bohdan Turokさんと結婚されました。

ツイッターを見ると、

映画監督、カメラマン、ミュージシャン

など多才な方です。

そして、イケメンなんです。奥様。

ツイッターはこちら

 

シェイリーン・ボーンの子供は?

子供さんに関しては、情報がなかったので

いらっしゃらないと思います。

シェイリーン・ボーンさんは現在40歳。

結婚なさった時が35歳。

おそらく体への負担も考えて、

このまま夫婦で暮らしていくのではないかな、

と思います。

 

まとめ

2018年の平昌五輪で羽生選手はプロ転向をする、

という区切りを考えているそうです。

そうなると、シェイリーン・ボーンさん振付の

羽生選手が見られるのもあと少し。

 

これからも注目しています!!

 

ここまでよんでいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です