小暮克洋が三浦九段の不正疑惑の黒幕?真実やどこの記者か調べた!

こんにちは、6月です。

プロ棋士とAIの対局などで話題になった将棋界ですが、少し前に三浦九段の不正疑惑なども話題になりましたね…。今日、三浦九段のインタビューがアップされました。その中でどうしても許せない人として小暮克洋という名前を出されました。小暮克洋さんが不正疑惑の黒幕なんでしょうか…?どこの記者の人なのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

小暮克洋が三浦九段の不正疑惑の黒幕?

三浦九段はインタビューでこう語っています。

連盟も今回の騒動で大変な被害を被ったと思うんですけど、ただやっぱり悪意を持って、私のことや将棋界全体を苦しめた一部のメディアと一部の棋士、そして私が不正をしているという噂をまき散らし将棋界を無茶苦茶にした観戦記者の小暮克洋氏だけは、許せないという気持ちはありますね。

引用:iRONNA

三浦九段のインタビューで

名前が出ているのは小暮克洋さんだけなんです。

名指しで批判をするとは相当

小暮克洋さんのことを怒っている

ってことですよね。

 

それに名指し批判は

批判した側が訴えられる可能性

もあります。

 

逆に言えば、名指しで批判できる

だけの確信が三浦九段に

あるということになります。

 

いままで三浦九段の不正の噂が

どこから出たのかはっきりと

していなかったようですが…。

 

三浦九段ご本にとしては、

小暮克洋さんが噂の根源である

と考えられているのだと思います。

 

小暮克洋がどこの記者か調べた!

小暮克洋さんは将棋の観戦記者を

なさっています。

 

観戦記者とはプロ棋士の対局を

実際に観戦し、対局の流れや

場の雰囲気を記録するお仕事です。

 

観戦記者になっている方の多くは、

雑誌や新聞記者、フリーの記者だそうです。

 

スポンサードリンク

 

調べてみたところ、小暮克洋さんは

フリーの記者。どこにも所属していないそうです。

大学は東大で将棋部に入っていたとか。

なんと学生名人になるほどの腕前。

 

ということは小暮克洋さんは

ご自分が高い腕前を持つが故に、

将棋に相当なこだわりを持つ観戦記者

なのではないかと思います。

 

まとめ

三浦九段のソフト刺しの不正疑惑は

証拠不十分で冤罪となりました。

つまり十分な証拠がないのに

疑ったことになります。

 

【追記】

証拠不十分でなく、嫌疑不十分の

間違いでした!

証拠不十分ではなく、嫌疑不当での冤罪です。(長時間の離席が怪しいと告発した人のカン違いで、録画を調べた所、その離席の事実がなかった事が判明した。その後の対局でも内緒で理事が見張っていたのだが怪しいところがなかった。コンピュータの手との一致率は振れ幅が大きすぎてそもそも証拠として使えるものではなかった)

 

コメントにて教えていただきました。

ありがとうございます!!

 

小暮克洋さんのコメントが

ないので、本当に小暮さんが

噂を流したのかはわかりません。

 

個人的にはこのままでは三浦九段が

可哀想な気がしてしまいます。

 

インタビューを読んでいる限りでは、

三浦九段は噂を流されたことに

怒りを覚えていますが、

相手に求めることは

「間違えたことをしたんだから

謝ってほしい」というごく当たり前の

ことだと思いました。

 

もしも本当に小暮克洋さんが

噂を流したのだとするならば、

きちんと三浦九段に謝罪があると

いいなあ…。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

2 件のコメント

  • >三浦九段のソフト刺しの不正疑惑は証拠不十分で冤罪となりました。

    証拠不十分ではなく、嫌疑不当での冤罪です。(長時間の離席が怪しいと告発した人のカン違いで、録画を調べた所、その離席の事実がなかった事が判明した。その後の対局でも内緒で理事が見張っていたのだが怪しいところがなかった。コンピュータの手との一致率は振れ幅が大きすぎてそもそも証拠として使えるものではなかった)
    その辺修正したほうがいいかもです

    • コメントをいただきありがとうございます。
      ご指摘ありがとうございます…!
      すぐに修正させていただきますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です