磯田道史(歴史学者)は大石内蔵助の親戚?経歴や結婚は?

NHKの大河ドラマ「真田丸」はとうとう最終回間近。

当初は今までの真田幸村像と趣が違うことで、賛否両論ありましたが……。

他局のテレビ番組で特集が組まれるぐらい、真田家関係は盛り上がりました。

来年の大河ドラマはおんな城主直虎、2019年は「あまちゃん」の宮藤官九郎さんが脚本を書くことですでに話題になっています。

大河ドラマの主役は歴史上有名な武将から影で男性を支えた女性など、いろんな偉人が取り上げられますが、ここに物申す歴史学者が……!

その名は磯田道史さん。

テレビにも出演され、わかりやすい解説で人気の歴史学者の先生です。

12月13日の「林修の今でしょ!講座」に出演され、「なぜこの偉人を大河ドラマの主人公にしないんだ講座」の先生をされます。

題材がすでにおもしろそう(笑)。

6月はぜひ見ようと思います。真田丸を見て大河に興味を持った方もぜひ!

そんなわけで今回紹介するのは、磯田道史先生です。

スポンサードリンク

磯田道史先生は大石内蔵助の親戚?

大石内蔵助を歴史の授業で習ったのは覚えていますか?

なぜか米騒動のイメージがあり混乱した六月です。(※米騒動は大塩平八郎)

忠臣蔵で有名な江戸時代の武士ですね。

大石内蔵助が在籍していた赤穂藩のお殿様・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が吉良上野介(きらこうずけのすけ)の額を切りつける、という事件を起こしました。

この騒動に関して吉良上野介はおとがめなし。

浅野内匠頭のみ切腹を命じられるという悲劇に見舞われます。

赤穗藩の武士たちは自分たちが罰を受けることを承知で、お殿様の仇討ちを果たします。

この忠臣蔵はお殿様を思い忠誠を果たした武士たちをたたえるお話として現代にまで伝わっています。

大石内蔵助はこの中心蔵の武士たちのリーダーなんです。

そして磯田先生はこの大石さんの親戚だとか。

大石内蔵助の母親が岡山藩の家老の娘で、その家から岡山藩士だった磯田家に嫁に来てるから、その当時は磯田さんちと大石内蔵助は親戚だったそうだ。

引用:http://plaza.rakuten.co.jp/nijinoki313/diary/201205100000/

ちなみに

なぜ浅野内匠頭が吉良上野介を切ったのか。諸説ありますが、小さいころ読んだ歴史の本には吉良上野介が浅野内匠頭を侮辱したとか。

実はこの辺は正しいことが分かっていないようです。忠臣蔵では吉良上野介は憎たらしーいおじいちゃんに描かれますが、いい人だったというお話もあり……。もしも中心蔵の真相が浅野内匠頭の逆切れが発端だったらえらいこっちゃ……。

 

スポンサードリンク

経歴

1970年生まれ、岡山市出身。歴史学者。2002年、慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。慶應義塾大学・大妻女子大学・宇都宮大学非常勤講師を経て2004年、茨城大学人文学部助教授。16年5月現在は国際日本文化研究センター准教授。

引用:歴史学者・磯田道史が絶対伝えたかった史実

有名な著書には「武士の家計簿」「殿様の通信簿」など。

映画「武士の家計簿」やフィギュアスケートの羽生結弦選手が出演した「殿、利息でござる」の原作を書かれた方です。

映画「武士の家計簿」に主演された堺雅人さんや女優の杏さんとは「磯田会」で歴史について語り合う仲とか。

何を話しているのか気になりますね~。そういうのテレビで放送してほしいなあ。

結婚はしているの?

多忙な日々を送る歴史学者の磯田先生。

結婚はされています。

とあるギャラリーで出会った女性に猛アタックをして結婚されたとか。

意外と恋愛にも情熱的な方なんですね。

まとめ

磯田先生は江戸時代の文献等を読み、浅野内匠頭があまり性格が褒められたものではないらしいと本に記しているそうです。

これは……忠臣蔵がひっくり返る……かも……

他の武将に関しても古文書をもとに、今まで一般に信じられてきたイメージをひっくり返すような実態を発表している様子。

一度、磯田先生の書いた脚本で大河ドラマを見てみたいですね。

イメージが180度変わってしまいそうです(笑)。

 

2017年の大河についてはこちら

おんな城主直虎の脚本家や原作ネタバレは?城はどこにあるの?

2016.12.14

 

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です