伊奈波神社の周辺駐車場はどこ?初詣の混雑はどのくらい?

こんにちは、6月です。

12月から1月にかけてイベントが目白押しですね~

目白押しの語源をご存知ですか?

メジロという、目の周りが真っ白な鳥がいます。
そのメジロは秋から冬にかけて、木に群れで止まるんです。
温かいからかもしれませんね。

メジロが押し合いしながら木に止まる様子が元になって、目白押しという言葉ができたそうです。

さて、イベントが目白押しならば、イベントに参加する人たちも人の群れに目白押し状態になるわけですが……その最たる例は初詣ではないでしょうか。

一年の計は元旦にあり!

初詣に張り切って行ったはいいものの、駐車場探しにぐーるぐる…人の波に押されぐーらぐら…経験があると思います。

そんなわけで、今回は岐阜県で人気の神社「伊奈波神社」へ初詣に行かれる方へ。
駐車場や混雑状況について紹介します。

スポンサードリンク

伊奈波神社の駐車場はどこ?

普段は神社の駐車場に停めるんですが、まず大晦日、お正月には狙わないのが賢明です。数が少ないのですぐに地元の人たちで埋まってしまいます。

なので、伊奈波神社周辺のパーキングを使い、歩いて神社へ向かうという方法が確実で早いと思います。

伊奈波神社周辺の駐車場で数が多いのは、

上竹町(徒歩約9分)、杉山町(徒歩約18分)、若宮町(徒歩約22分)などに駐車場がある名鉄協商パーキングさん。

料金は一日で600~800円。
時間帯で料金が変わるところもあるので気を付けてください。

名鉄協商パーキングさんのサイトはこちら

近くのところはすぐに埋まってしまうので、3年前に6月が初詣をしたときは若宮町に停めて、20分ぐらい歩くという方法を取りました。
時間帯が早かったせいか、ストレスがなくてスムーズでした。

スポンサードリンク

初詣の混雑はどのくらい?

ものっすっごいです。

ムスカ大佐の例のセリフが頭をよぎるぐらいすごい数の人々が、お参りにきます。

2014年には76万人が訪れたとか。
東京ドームの収容人数が55000なので、なんと東京ドーム約13個分!!

ちなみに岐阜市の人口は2010年の統計で約41万人なので、軽く超えております。

恐ろしや伊奈波神社……

紅白を見てからお参りに行こうと考えている方はお気を付けください。確実にお参りするまで並んで待ちますので。

また、早めに行って並ぼうと考えている方。
暖かい恰好をして、トイレの位置は把握しておいてください。

文面から伝わると思いますが、トイレの位置を把握していなかったあんぽんたんの筆者は、迷子になりました(笑)。皆様、お気をつけて。

まとめ

神社には屋台も出ているので、お参りをした後は暖かいものを飲んだりもできます。

身体に気を付けて、お参りをしてきてくださいね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です