お伊勢さん菓子博2017の期間はいつまで?入場券はいくらなの?

さむ~い冬がやってくると、食欲、増しますよね(笑)。

クリスマス、大晦日、お正月、節分……イベント目白押し。

イベントがあるところに、食べ物あり。

これはもうお約束なのです。

冬は脂肪を蓄えて寒さを乗り切らないといけないのです。

人間は動物ですから。

そう、食べるのは宿命なのです……

なんて言い訳をしながらついついお菓子をつまむ手が止められない(笑)。

こたつに入ってアイスなんて極楽の極みですな。

最近はセブンイレブンのコンビニアイスにはまってます。カリカリのシュガーコーンが大変よろしい。おいしい。

私がだらしないのはわかっていますが、これを見ている画面の向こうの貴方様も!今、お菓子片手に見てませんか?コーヒー片手に見てませんか?

おいしいから仕方ないですよね(笑)。

さて、そんな貴方様に耳寄りな情報が。

今回ご紹介するのは、三重県の伊勢さん菓子博2017です!!

伊勢というとどんなお菓子を想像しますか?

赤福とか有名ですよね。でも、このお伊勢さん菓子博では伊勢だけじゃない、全国のお菓子が集まるんです!!

スポンサードリンク

お伊勢さん菓子博2017とは

お伊勢さん菓子博は4年に一度、全国の各地で開催されます。まるでお菓子のオリンピックのようですね。

お菓子の博覧会の始まりは古く、明治44年の第1回帝国菓子飴大品評会にさかのぼります。戦争による一時中断はありましたが、全国のお菓子屋さんの熱意で復活し、名称を全国菓子大博覧会と変えて、1世紀にわたり、これまで26回の開催を重ねてきました。

引用:お伊勢さん菓子博2017

明治44年!

約105年前です!!

帝国菓子飴大品評会の起こりは、明治18年に政府が作った菓子税だそうです。

菓子税ですよ、みなさま。

お菓子に税金が課されるんですよ。許さん。

全国のお菓子業者さんがこれに怒り、撤廃運動を起こし、明治29年に撤廃となりました。当時のお菓子業者さんに感謝しなければなりませんね。

撤廃に動いたお菓子業者さんたちが、この時のつながりを忘れないように、として開催したのが帝国菓子飴大品評会となったそうです。

お伊勢さん菓子博はお菓子業者さんたちの思いが詰まった祭典なんですね。

背景を知るとジーンときました。

税を撤廃できたからそれでよし、ではなくて、その時の気持ちを忘れないようにしよう、と未来のことも考えてくださった当時の方々は勇気と優しさに満ちているな、と思いました。

 

開催期間はいつまで?

開催期間:2017年4月21日(金)~2017年5月14日(日)

場所:三重県営サンアリーナ及びその周辺

スポンサードリンク

入場券はいくら?

入場券は当日買うこともできますが、前売り券を買った方が200円ほど安いです。

さらに前売り券を買うと、嬉しい特典も!対象のお店でお菓子を買うと割引やキャッシュバックなどの特典が受けられます。

前売り券の値段や売り場については、

こちらのお伊勢さん菓子博2017の公式サイトをご覧ください。

まとめ

お菓子博というと、ただお菓子を見る、というイメージを持ってしまいますが、そんなことはありません。

当日は約1,800点ものお菓子が出品され、お土産を買ったり試食もできます。

なんと白あんの赤福も販売されるとか。

白あんの赤福はどこで発売されるの?いつまで販売で値段はいくら?

2017.01.12
さらに江崎グリコやカルビー、不二家などなど…大手お菓子メーカー8社がブースを出展。お菓子の無料配布などもしているようです!

私も「お菓子博?見るだけ?」と思っていましたが、がぜん行きたくなりました(笑)。

ぜひ、家族で足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
 
 

おすすめ記事はこちら

おもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です